被害者側に特化

被害者側に特化し、加害者側の案件は一切引き受けておりません。

面談風景

山本総合法律事務所では、交通事故対応では被害者側に特化し、加害者側の案件は一切引き受けておりません。

実は交通事故の弁護士業務には「被害者側」と「加害者側」があるのです。

被害者側の弁護士
被害者から依頼を受け、代理人として加害者や保険会社に賠償金を請求し、被害者の利益を守る活動を行う

加害者側の弁護士
保険会社などから依頼を受けて加害者の代理人となり、被害者に支払う賠償金を抑える立場の活動を行う

実際のところ、被害者側と加害者側の両方の代理人を引き受けている弁護士が多いのが現状です。

特に地方都市では弁護士の数が少ないこともあって、両方引き受けるのが通常という認識もあります。実際に、当事務所の代表弁護士も、以前に所属していた事務所では保険会社側の代理人を引き受けることがありました。

しかしそれでは「被害者のために動いている」と言っても説得力を持てません。

山本総合法律事務所では被害者側の案件に特化し、皆さまのサポートを行うことを最大の目的としています。

保険会社側の事情も把握

山本弁護士


代表弁護士は、過去に所属していた事務所では保険会社側の案件も担当していた経験があります。そのため、保険会社側の事情も把握しています。

相手側の内情を勘案することにより、効果的に被害者の利益追求をはかることができると自負しております。

地域の保険会社情報を把握し、交渉においてもノウハウを活かす事ができる点も山本総合法律事務所の強みです。

タイトルとURLをコピーしました
無料予約相談
0120-783-981
受付時間9~20時(平日)
地図を拡大

メニュー

PCサイトを表示する