case101 夫婦ともに後遺障害14級が認定され、合計で約610万円を獲得した事例

ご依頼者様データ

被害者 高崎市在住の40代夫婦(会社員・主婦)
事故状況 ご依頼者様:車 /  相手方:車
傷病名 頚椎捻挫、腰椎捻挫等
後遺障害等級 夫婦ともに第14級9号
当事務所の対応ポイント 後遺障害等級認定サポート 相手方保険会社との示談交渉
対応結果 適切な後遺障害等級の認定・ 裁判基準での賠償金獲得

賠償額の内容

ご主人の賠償額

主な費目 当事務所のサポート結果
休業損害 35万円
傷害慰謝料 90万円
後遺障害逸失利益 67万円
後遺障害慰謝料 67万円
合計 (自賠責保険金を含む) 305

奥様の賠償額

主な費目 当事務所のサポート結果
休業損害 35万円
障害慰謝料 90万円
後遺障害逸失利益 67万円
後遺障害慰謝料 107万円
合計 (自賠責保険金を含む) 305

ご相談・ご依頼のきっかけ

夫婦

高崎市在住の40代のご夫婦が、信号待ちで停止していたところ相手車両に追突される交通事故に遭われました。

ご自身の任意保険に「 弁護士費用特約 」がついていたことから、保険の担当者に弁護士への相談をすすめられ、「 後遺障害診断や今後のことについて聞きたい 」とのことで相談にいらっしゃいました。

当事務所の対応

後遺障害の申請

後遺障害等級認定

相談時点で症状が残存しており、ご本人様たちも後遺障害の申請希望されていましたので、症状固定後に後遺障害等級認定の申請を行うこととしました。

そこで、申請に向け、 刑事記録や診断書類等の資料を収集 し、ご依頼者様から 現在の状態などについて丁寧に聞き取りを行った上で、意見書を作成 し、後遺障害等級認定の申請を行いました。

残念ながら、一度は後遺障害非該当となってしまったものの、事故状況や通院状況などから、本件では十分に等級認定の可能性があると判断できました。

そのため、ご依頼者様との打合せの際、審査結果に対し異議申立を行うことを強く勧めさせていただき、異議申立の手続を取りました。その結果、 審査結果が覆り、無事夫婦揃って14級9号が認定される に至りました。

認定後は、裁判基準で賠償額を算定し、相手方保険会社と交渉を行いました。

当事務所が対応した結果

夫婦ともに後遺障害等級14級が認定

損害額の計算

当事務所の活動の結果、 ご夫婦揃って14級9号が認定されました。

また、賠償の点でも、 裁判基準で計算した当事務所の請求がほぼ認められ、ご夫婦合わせて610万円という金額で示談 に至りました。

弁護士の所感(解決のポイント)

本件では、当初の申請結果が非該当となってしまいましたが、異議申立により結果が覆り14級9号がそれぞれ認定され、本当に良かったです。

異議申立まで行いましたので、ご依頼から示談に至るまでお時間を頂戴しましたが、 良い結果を獲得することができご依頼者様に喜んでいただくことができました。

また、賠償についても概ね裁判基準による金額での示談となりました。

井上弁護士

異議申立により結論が覆ることは、なかなかありません。しかし、本件では、 非該当判断が覆り、14級9号が認定されたことで、賠償額の面でも被害当時に比べ大幅に増額 した結果となりました。

お二人に残ってしまった症状に対する適切な賠償を獲得できましたので、本当に良かったと思っています。

タイトルとURLをコピーしました
無料予約相談
0120-783-981
受付時間9~20時(平日)
地図を拡大

メニュー

PCサイトを表示する