case04 死亡慰謝料合計約4000万から合計約5500万円の賠償金へ増額

ご依頼者様データ

被害者 60代・男性
事故状況 ご依頼者様:自転車 /  相手方:車
当事務所の対応ポイント 相手方保険会社との示談交渉
対応結果 裁判基準での賠償金獲得

賠償額の内容

主な費目 保険会社の提示額 当事務所のサポート結果
死亡慰謝料 2000万円 2800万円
死亡逸失利益 2000万円 2500万円
合計 約4000万円 5500 円(約1500万円増額)

ご相談・ご依頼のきっかけ

自転車事故

被害者の方が自転車で走行中に、対向車線を走行していた加害車両がセンターラインオーバーをしてきて正面衝突しました。

衝突時の衝撃は大きく、被害者の方は間もなく死亡しました。

相手方の保険会社からご遺族に対して賠償金の提示があり、「妥当な金額なのか知りたい」との事でご相談にお越しいただきました。

当事務所の弁護士が確認したところ適切な金額とは言えず、増額の可能性をお伝えしてご依頼いただく事となりました。

当事務所が対応した結果

弁護士バッジ

保険会社の慰謝料及び逸失利益の提示額は合計約4000万円でしたが、当事務所が受任して交渉した結果、 約5300万円の慰謝料及び逸失利益が認められました。

結果、他の損害項目とあわせて 合計約5500万円の賠償金を獲得することができました。

タイトルとURLをコピーしました
無料予約相談
0120-783-981
受付時間9~20時(平日)
地図を拡大

メニュー

PCサイトを表示する